大分の移住はおすすめ?移住定住フェア2016で登壇してきました!

マス太
こんにちは!マス太(@masutablog)です。

大分県宇佐市に移住して早7ヶ月が経ちました。

そんなタイミングで「移住定住フェア2016」を主催している西日本新聞さんから登壇のオファーを頂きまして。

2016-10-16_071511

そりゃ行くしかないでしょ!ってことで快諾。期間迫ってたので、慌ててレジュメ作成(; ・`ω・´)

何のしがらみもない立場を利用して、大分へ実際に移住して感じたメリット・デメリットを全て話してきました。

 

Sponsord Link
 

大分の移住はおすすめ?大分県宇佐市への移住経験談を全て出し切ったよ

 

▼というわけで、会場のエルガーラホール(福岡市中央区天神)に到着。

p_20161015_140054

ぐむむ…。予想よりはるかに立派なビル。早くも緊張してきた。。

 

▼ 8階の大ホール会場に入ると、各県の市町村がブースを構えて移住の相談会を行っていました。

p_20161015_114413
具体的には、

山口市、美祢市、長門市、筑後田園都市推進評議会、久留米広域連携中枢都市圏、岡垣町、平戸市、熊本県玉名地域振興局、大分県、国東半島、宇佐市、指宿市

以上の県・地域が参加してましたよ。 

 

▼ 会場奥に今回登壇する講師のリストに僕の名前も発見♪

p_20161015_114431
マス太
肩書が会社員じゃつまんないな~ってことで、「町おこしブロガー」にしました。

こういうのは言った者勝ちなので、今度からイベントで登壇する時もこれでいこうっと!

 

Sponsord Link
 

大分へ移住を考えている方へ 僕が伝えたいこと

 

30分間の登壇は無事に終了。

わたくし、セミナーに集中するあまり、自分が話している写真を撮ってもらうことを忘れておりました。。

 

▼ というわけで、他の講師様の登壇風景を参考でどうぞ(僕も時もだいたい同じ位のお客様でした)

2016-10-16_080451

僕は移住にあたって、いろいろ困ったことの中から

・家探し

・仕事について

・大分(宇佐市)の魅力

このあたりをメインに、リアルな体験談を伝えました。

マス太
何かしら参加者の方の心に残ってくれてたらいいんだけど。

 

そして、今このブログを読んで頂いていて、移住を検討されている方へ伝えたいこと。それは、

移住先の地域の魅力は補助的なものでしかない

ということ。ここめちゃ大事。

 

例えば大分県は温泉がすごく豊富で、僕が住んでいる宇佐市も休みの度に温泉を低料金で楽しめます。

今回移住セミナーに参加されていた各地域のブースも「うおっ!ここ住んでみたい!!」っていう魅力あふれたパンフレットがずらりと並んでいました。

 

でも、やっぱり移住して一番大事なのは、

その地域の人とのつながり

だと思うんですよね。

 

一人山奥の小屋にこもって仙人のような暮らしを求めている人は別だけど、各地域の魅力って、地元の方と一緒に体験して、共有することではじめて「ここに来てよかった」っていう実感に変わります。

 

マス太
移住先を自分の地域に決めてもらうことはもちろん大事だけど、その後移住者さんが孤立しないようなサポートの方がもっともっと大事ですよね?

 

なので僕は大分県宇佐市、そして近辺に移住された方のサポートをしていきたいです!

大分県が移住後の満足度でNo.1になれるように、僕なりのやり方でやっていくぞ!!

 

matome

というわけで、移住を検討されている方はお気軽にメッセージお待ちしております♪

僕は一会社員ですし、どこの地域団体にも所属していないので、すべてホンネであなたの移住相談にのれます!

 

あ、僕は出身が宮崎県なので、宮崎移住を考えている方にもお力になれます。

一緒に理想の移住生活を実現して楽しみませんか~?

⇒ Twitterでマス太に連絡してみる

⇒Facebookでマス太に連絡してみる

※どちらもない方は下のコメント欄からメッセージお待ちしております♪

 

関連記事 あわせてどうぞ♪

岡山から大分県宇佐市へ移住しました@夫婦ブロガー第2章スタート!

2016.04.08

九州・大分へ移住前に必見!家探しで失敗しない14のポイントまとめ

2016.02.02

九州・大分への移住計画@3月・4人家族の引越し奮闘記まとめ

2016.02.20

Sponsord Link
 

 

おすすめセレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です