【感想レビュー】映画『 #君の名は 。』で新海誠監督が伝えたかったものとは?

マス太
こんにちは!マス太(@masutablog)です。

今回は観客動員数1000万人、興業収入が130億円を突破し、この秋に空前のヒット作となっている『君の名は。』を観てきました。

もうとにかく感動しまくり。いろんな感情が交錯しておりますが、僕なりに感じたことをまとめてみます。

 

Sponsord Link
 

『君の名は。』あらすじ

 

 

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。

町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。

見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。

念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。

行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。

残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。

しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。

入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。 出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す

映画『君の名は。』公式サイト

 

マス太的感想 『君の名は。』で新海誠監督は何を伝えたかったのか?

 

もうとにかく大ヒットすぎてるし、話題になりすぎてるしで、映像美のことや緻密なストーリー計算に関しては今更書いても他の方とかぶりすぎるのでやめておきます。

 

映画が終わって、まだ涙が渇かず、胸の中でざわざわといろんな感情がうごめく中、

マス太
この映画で新海誠監督は何を僕に伝えたかったんやろ?

こればかりをずっと考えてました。

 

そして、僕なりの答えは

「人は人との関わりの中で生かし、生かされているんだよ」

ということ。

このメッセージが心が落ち着いていくと同時に、僕の頭の中に色濃く浮かび上がってきました。

 

Sponsord Link
 

今あなたの側にいる人との出会いは必然

 

この物語は、三葉と瀧という主人公2人の魂が入れ替わることから展開していきます。

 

「なんでこの2人に限って魂が入れ変わったっちゃろ?」

この映画を観た人なら、必ず考えるこの疑問。

 

”原因不明”という答えが映画の中では出てたけど、これはつじつま合わせるためでは決してなくて、

「三葉と瀧が特別なんじゃないんよ。これね、あなたにも起こってることなんよ」

新海誠監督はそう僕たちに投げかけてたんじゃないかな?

 

つまり、自分が考えている想いは口に出さなくても、自然と人に伝わっていく。

そして同じ波長の人(会うべき人)とは自然に会えようになっているってこと。

 

魂の入れ替えは分かりやすい誇張表現だとしても、僕たちは両親、じいちゃんばあちゃん、恋人、セミナーで出会った人、ツイッターでフォローしてくれた人など毎日国境・性別、さらに時間まで超えて、影響しあいながら過ごしています。

 

僕自身の経験で言えば、残業続きで「まじでクソ」と愚痴こぼしながら働いていた時は会社の同僚以外と交流関係が広がることはありませんでした。

マス太
今にして思えば、そんな心理状態でイキイキと輝いて過ごしている人と出会うこと自体絶対にないよね。。

 

そして人生を変えるきっかけにしたいと夫婦でこの「まこぱぐ」ブログをスタートさせたのが、今から1年半前。

まず自分が幸せだな~と感じる要素を一つずつ増やして、好きなこと多めで生きていこうよ!ってことをブログで発信し出したらね、、、

 

マジで出会う人が変わった。

 

▼最近で言うと、お付き合い3ヶ月を祝ってほしいと全国行脚しているカップルと素敵な出会いがありました。

 

 

だから、三葉と瀧の魂が、性別・時間を超えて出会ったこと、そして理由が”原因不明”ってことも、すごく腑に落ちたんですよね。

 

そして出会うべくして出会った人たちとの関わりの中で、一度きりの自分の命を何のために使うのか?

答えが少しずつ見えてくる気がします。

マス太
実際僕はおぼろげながら、道筋が見えてきました。

このままドキドキ・ワクワク・好きなこと多めでいいんだよ!って毎日背中押されてます♪

 

matome

最後はもはや『君の名は。』の感想ではないな、こりゃ。

たくさんあるであろう『君の名は。』の感想文の中からこの記事にたどり着き、どのくらいの方がこのまとめまで読んでくださっているのか分かりません。

でも、こんな僕の気持ち120%丸出しの感想をここまで読んでくださっているあなた!

本当にありがとうございます。めちゃうれしいです♪

そして、そんなあなたとはこれから自然と出会うことになるはずです。(もしくはもう会ってるかな?)

直接会って、影響しあえる日を楽しみにしております。

 

関連記事

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』感想 自分の幸せに気づくたった一つのメッセージ

2016.08.12

おおかみこどもの雨と雪にママの愛情を感じた!! [金曜ロードショーの感想レビュー]

2015.07.10

「ちょっと今から仕事やめてくる」 あらすじと感想@仕事は人生の1ピースに過ぎない

2015.12.01

Sponsord Link
 

 

おすすめセレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です