「ちょっと今から仕事やめてくる」 あらすじと感想@仕事は人生の1ピースに過ぎない

こんにちは! マス太(@masutablog)です。

 

突然ですが、みなさん

今の仕事楽しいですか??

 

僕はここ最近、心屋さん先輩ブロガー

影響でもう「好きなことだけして生きていく」

って決めちゃって、心がバカーンと開きつつ

あるので、

仕事全然楽しくない。。

んですよ、ハイ。

 

そんな時だからこそ? 必然的に

出会った1冊の本。

 

心の中にいろんな思念が湧き上がって

きたので、押さえつけずにドバッっと

レビューしていきます。

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」 あらすじと感想@仕事は人生の1ピースに過ぎない

 

 

↓ 今回出会ったのはこちら ↓

IMG_5785

 

 

 

北川恵海さんの「ちょっと今から仕事やめてくる」

 

 

ホントはね、この日心屋さんの本を

新たに買う予定だったんだけど、

もうこのタイトルに釘付け(笑)

 

「ああ、今日買うの絶対これでしょ」

というわけで手にすることに。

 

「ちょっと今から会社やめてくる」あらすじ

 

 

あらすじはこんな感じです。

 

ブラック企業にこき使われて

心身ともに衰弱した隆は、

無意識に線路に飛び込もうと

したところを「ヤマモト」と

名乗る男に助けられた。

 

同級生を自称する彼に心を開き、

何かと助けてもらう隆だが、

本物の同級生は海外滞在中という

ことがわかる。

 

なぜ赤の他人をここまで?

 

気になった隆は、彼の名前で

個人情報を検索するが、出てきたのは

3年前に激務で自殺した男のニュース

だった。

 

ちょっとミステリアスな内容を含んで

いますが、僕敵にそこは二の次。

 

会社のエグい労働環境、そしてそこで

苦悩するサラリーマンのリアルな描写が

この小説では圧倒的に印象に残りました。

 

印象にのこった言葉

IMG_5786

 

 

僕が印象の残った言葉を

まとめていくと、、、

「お前は、今、ここで、何をしてるんだってんだよ!この野郎!」

部長が俺のデスクを思いっきり蹴とばした。

おいおい。。

 

「お前が出向くと、相手先に迷惑がかかるだろうが!外にでるんじゃねえよ!」

部長からは、部署の全員に届くような大声で、何度も罵られた。

いやいや。。

 

「いいか、数字をとれない奴はゴミだ!

会社に損害を与えるヤツなんて、生きてる価値もねえ!

まさかそんなゴミ以下の奴、この部署には

いないと思うけどなあ」

と俺を見ながら高笑いする。

辞めましょうよ、すぐに!!

こんなゴミみたいな会社は!!

 

ってかこんな環境の会社ってあるの?

でもこの小説がヒットしてる所を見ると

「あ~、あるある」って感じてる人も

いるってことだよね?

 

営業の会社だから、、とか関係ないでしょ!

 

ああ、そうか。やっぱり悪いのは俺じゃないか。

俺は人を苛つかせることしかできない。

やっぱり俺は、社会に出てはいけない人間だったんだ。

だから、違うってば!

こんな環境で自分を責めても仕方ないよ。

 

ふさぎこむ前に環境を変えて

新しい空気を吸いましょうよ!

 

あなたの周りにはいますか?こう言ってくれる人

 

 

小説だから。

そう言ってしまえばそれまでだけど、

隆が生きていられたのは、周りの人からの

優しくて温かい言葉があったからだよな。

 

「もし、もしもだけど、俺が会社辞めたいって言ったらどうする?」

「あーら、別にいいんじゃない?」

 

「だって別にいいじゃない。

会社は世界にひとつだけじゃないんだから。」

 

「大丈夫よ。人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ。」

これ、しみます(涙)

 

自分の子供に「会社辞めたい」って

相談されたら、僕はどう言うだろう?

 

今の僕ではこの言葉は出てこないだろうな。。

 

・自分に正直に

・毎日ワクワクドキドキ

 

好きなことをしながら生きること

 

それは案外なんとでもなるということを

僕はこれから身を持って検証し、

発信していきたい。

 

こちらも印象に残りました

 

この言葉もすごく引っかかりました。

「私が一番悔やんでいるのはね、あの子に大切なことを、教えてあげられなかったこと。」

「逃げ方を教えていなかったの。」

「会社を辞める」ことは逃げですか?

 

「せっかく入った会社だから・・・」

「まずは3年歯をくいしばって・・・」

「会社ってそういうもん・・・・」

 

限界寸前で悩んでいる人に対して

会社の状況をはっきり分からずに

こんな定型文並べたら、

そりゃ線路飛び込むでしょ!

 

逃げることは決して悪いことじゃない

 

この価値観って、現代の日本にもっと

根付くべきだと強く感じます。

 

あ~、これも僕が自分で検証しないと

説得力ないか(;´∀`)

 

まとめ

IMG_5785

 

 

ふぇ~(汗)いつにも増して、

とりとめのない文章になっても~た~。。

 

でも、それだけこの小説を読んだ後に

僕なりの仕事観、人生観がドバドバッと

出てきて素直な自分と向き合うことが

出来ました♪

 

最後にあなたにもう一度質問です。

今の仕事楽しいですか??

 

「YES」がすぐに出なかったら、

この本と向き合って心のデトックス

してみましょうよ!

 

 

人生そんなに捨てたもんじゃない!!

 

おすすめセレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です