『落水洋介 Usaに来るってよ!!』に参加してきた! 感謝に溢れた素敵な空間だったよ♪

マス太
こんにちは! 大分・町おこしブロガーのマス太(@masutablog)です。

今回は、いつもお世話になっているナルゲストハウスさんで開催された「落水洋介 Usaに来るってよ!!」というイベントに参加してきました。

 

▽ 落水陽介さんを知らない方はまずこちらを見てください!

 

忙しい日々に忙殺されて、最近「幸せだな~」って言った記憶がないあなたへ向けて、イベントレポートを送ります!

 

Sponsord Link
 

『落水洋介 Usaに来るってよ!!』に参加してきた! 感謝に溢れた素敵な空間だったよ♪

今回のイベントに参加したきっかけは、昨年参加した「ワークアズライフを語る会」というイベントで、同じく参加されていた落水さんの存在を知って、

 

マス太

この方の話をゆっくり聞いてみたいな~

って思ってたんですよね。

 

そしたら、なんと! 僕が住んでいる宇佐市に落水さん来るってよw

勝手に必然的なご縁を感じて、ワクワクしながらイベントに参加させてもらいました♪

 

幸せって何? 落水さんの言葉から得た気づき

「31歳で100万人に一人の難病を発症し、何年かすると寝たきりの生活が待っている。」

冒頭の自己紹介がもうドラマの世界のようで、これは涙・涙のお話になるのかな?と思ったんですが、落水さんの口から出る言葉はどれもとてもポジティブなものでした。

 

心に響くキーワードがたくさん出てきたんですが、その中でも特に

 

落水さん

僕は病気になった今が一番幸せ

 

という言葉が一番心に響きました。

 

豊かで幸せな人生の鍵は自分自身の中にある!

 

今の世の中、お腹すいたと思えばコンビニ行って、好きな時間に好きなモノが食べれます。

物質的にこれ以上伸びしろがない豊かな状態が当たり前になっているので、普通に食事をしていて「ごはんが美味しいな~、幸せだな~」と感じることって、なかなかないですよね?(仕事中にササッと済ませる昼飯とか記憶にも残んないし)

 

マス太

僕自身の経験で言うと、ここ数年でご飯を食べて一番幸福感を感じたのは、ヒーヒー言いながらマラソンを完走した後の焼肉かな~?

 

つまり、

幸せ・豊さの基準を自分で引き下げないと幸福感を感じにくい

時代に僕たちは生きてます。

 

この視点から見ると、落水さんは「普通」「当たり前」の基準を(自分の意思とは関係なく)大きく引き下げられた状態にあると言えます。

 

講演中に、

 

落水さん

(病気になってから)日常に”ありがとう”が満ち溢れていった

 

と言われてましたが、健康な明日が来ることが当たり前になっている僕と落水さんとでは、同じ景色を目の前にしても、まったく違う見え方・感じ方をしているんだろうな~って思いました。

僕は妻と娘2人のパパなので、経済的な豊かさを追い求めることはとっても大切なことなんですが、それは手段であって目的ではない。

 

精神的な豊かさ・幸福感はまた違う場所にあるんですね。

少しずつ経済的な豊かさを実感出来始めた今、この真理に気づけて良かった☆彡

 

この先、寝たきりの人生になるとして。もしくは余命が宣告されたとしたら。

 

僕は情報発信を通して、大好きな人を全力で応援して、その人が笑顔になるような活動を続けていきたい!

 

そして、今ブログを読んでくださっているあなたへ。 

あなたは何に命を使っていきますか?

 

 

ブログで情報発信を始めてから、たくさんのご縁から面白イベントに参加させてもらってるんですが、今回のイベントも落水さんとまさか僕の家のご近所で再会できたことにびっくり!

ぬくもりのご縁を繋いでくれた、ナルゲストハウスの高坂さん、本当にありがとうございます(^^♪

また、講演で落水さんが話していた「笑顔は笑顔を呼んでくる」という言葉通り、参加されていたメンバーはみんな笑顔が素敵で、「僕(私)はこれから○○○○をやっていきたい!」と自分の夢を目を輝かせて話されていた空間そのものが最高でした!

その笑顔の中でも、落水さんの笑顔はホントにホントに素敵なんです☆彡

実際に落水さんに会った方なら共感してもらえると思うんですが、お世辞抜きで僕が今まで出会った人の中で最高の笑顔の持ち主です。

 

僕もこんな笑顔ができる人間になりたい。精進しなきゃ(笑)

落水さんのポジティブな人生観の大ファンになったので、僕はこれからも落水さんを応援していきます☆彡

>>落水洋介ブログ「100万人に1人の誰も知らない病気と生きる」

ここまで読んでくださって、共感頂けたあなたはぜひ一緒に落水さんをフォローしていきましょう♪

Sponsord Link
 

こちらの記事もあわせて読みたい